2018-09-20 高級住宅街

関西の高級街といえば芦屋の六麓荘です。東京の田園調布、松濤や広尾等の高級住宅街を見たことがありますが、六麓荘はほんとビビります。六麓荘は建築の地域協定も厳しく定められていますが、以前その近くの目神山で家を建てた方のお手伝いをしたことがありますが、建築プランを自治会で承認して頂く必要があるとのことでした。もちろん珍しい話ではなく、箕面のとある地区でも自治会の承認が必要だったり、関西の住宅はそういう文化があるのでしょう。

先日大雨の時、とあるお客様の調査で神戸市北区の物件を見て回っていました。娘が休校だったので無理やり連れて行きましたので、娘が写っていますがご了承下さい。。その中の一つが「柏尾台」。柏尾台は独特で柏尾台管理組合法人があり、分譲地ですが分譲マンションのような管理がされています。毎月の管理費を払う代わりに、共有施設の利用や防犯カメラ等の恩恵を受けられるのです。
しかしながら、この柏尾台も訪れると・・・まあ大きなお家ばかり。10LDKはあるのでは?という家が軒並み連なります。走っている車は高級車も多く。開発されたときはバブルがちょうど終焉の時。儲かった人も損した人もいそうだなあと思いを馳せるのでした。

ちなみに敷地は一つ一つが100坪以上、かつ平坦な箇所も多く、とても贅沢な住み方ができそうです。郊外でゆったり、でも住宅街がいい、という方はご検討してみてはいかがでしょうか。