2014/1/28 七人が考えた家展

「七人が考えた家展」を見に行きました。

建築家7人が実在するとある土地に対してそれぞれの個性を活かした設計をしてみてもらうという主旨の展示です。

キノマチ不動産では、その実在する土地の提供をお手伝いしました。

神戸DUOで開催されていたのですが、本日最終日、風邪を引いていてギリギリ最終日に間に合いました。。

140128-130858_R

 

 

 

 

 

 

職業柄、色んな建築展を見に行く機会があるのですが、

今回の展示は面白かったなあ。

同じ敷地でこうも差があるのかという楽しみ方はもちろんなんですが、

作っている建築家が「あっこれ楽しんでいるな」というのがわかる、

作品が楽しそうなんです。

解説する建築家の方も楽しそうに話してくれました。

で実際聞くと「楽しくて徹夜した」とはアトリエ2馬力の吉田さん。

やっぱりなと思いました。グイグイ伝わります。

それが一般の人にも響いたのでしょう、いくつか具体的な相談もあったとか。

相談したくなる気持ちがわかります、この人に依頼したら楽しめそうと感じましたから。

これが今回の展示が面白かった理由です。

あと面白かったのが、

木片を使った街並みづくりのワークショップ。

140128-130849_R

 

 

 

 

 

 

 

子どもたちが各々家を作り、街を作っていく。

これも作品を見るだけで楽しめます。

きっと作っている最中はもっと楽しかったのだろうな。

このアイデアちょい頂きですね、簡単で楽しめます。

面白いのが子どもたちが書く窓の形。多いのが田なんです。

実際日本の窓で田の窓ってそうはないんですけどね、サザエさんの影響ですかね、

細かいところですけどそういう楽しみも出来ました。

 

好評だったのでまた場所を変えてやるそうです。

今度は子どもを連れて行こうかな。