木の家blog

2014/1/9 2014年は家の買い時?

2014年最初のブログです。

今住宅業界は活況のようです。

住宅は100万戸の見通し、大体3割アップですので、単純に分配するとどのハウスメーカや工務店も3割受注高でしょう。

まあ、先食いしているだけでその後は冷え込むとは言われていますが、

2014年は逆に第2の風が来ると予測されます。

そして、この風を掴んでいる業者実は「勝ち組」かも知れません。

というのも、消費税増税に伴い、住宅ローン減税の拡充+すまい給付金にて購入の補助がされるからです。

すまい給付金はこちら参照。http://sumai-kyufu.jp/index.html

そして、このメリットを最大限受け取れる=消費税5%台に家を建てられた方より有利な条件

=比較的高収入+ローンの借入額が大きい=家の費用が高い=工務店の収入も大きい

という数式が成り立ちます。よって、第2の風を掴んでいる業者が「勝ち組」という理屈です。

こちらのサイトを参考にしたところ、http://www.sumai-fun.com/money/20/post-3.html

大体年収700万円で3500万円の住宅ローンを組む方はお得のようです。

 

・・・駆け込みの余波は弊社にも届いていまして、

仮住まいの相談がぐっと増えました。

理由は2つあると感じます。

1.昨年の9月までで請負契約を結んでいたが(消費税の増税を避けるため)、実際の工事は2014年に入ってからなので今探している

2.年度末までに工事が済んで4月から入居予定であったが、工事の遅れにより仮住まいをせざるを得なくなった

職人の不足や材料の納期の遅れを結構耳にします、2はこれからまだ増えるかもしれまえせんね。

急いでいることによる不幸な家造りにならないことを願います。

家は買うものではなくてつくるもの。

じっくり腰を据えられる2015年の消費税10%に上がってからの家づくりをされる方が真の「勝ち組」なのかも知れません。