木の家blog

2013/8/29 住む場所を考える

先日ご案内したお客様は、元々建物の雰囲気が重要なポイントとおっしゃっていました。

ところが、色々見られているうちにおそらく整理されてきたのでしょう、

場所が重要なポイントとして一番手に来るようになりました。

「やはり、池田市中心で」

元々ずっと池田で育ってきたこと、

近隣に親御さんもいらっしゃること

その他色々な要素があり、そう決断されました。

場所が限定されると、物件の有無が勝負どころです。

探すプレッシャーがあります。

 

さて、「都会でキノマチ」で私はこう書いています。http://kino-machi.com/city.html 参照

都会で暮らすと決められたあなたにまず抑えていただきたいのは、

①その街は今後資産価値が減少するような後退する街ではないかどうかを予測すること

②その街はあなたにとってはどういった利便(通勤時間が少ない等)があるかどうかを把握すること

③駅からは少なくとも徒歩圏内を選ぶこと

 

主にマンションをターゲットとして書いていますが、戸建てでも当てはまります。(3は少し難しいですが)

①では、

>では、後退しない街とはいったいどんな街でしょう。まずあえて「発展する街」ではなく「後退しない街」と表現したことに意味があります。

>とある専門家が今後の日本の不動産市場は「急激に発展した都市は急激に衰退する」とおっしゃっていて、その事例として多摩ニュータウンなどを挙げられました。

>つまり発展しているからいいかといえばその発展の理由に注目しなればならないということです。

>後退しない街として挙げられるのは例えば文化が根付いている街、アクセスのよい街といえます。

>そしてハザードマップや災害予想を加えることでだいたいの基準が出来上がります。

 

と書きました。

池田市全体を街と捉えると広すぎますが、全体的には元々街道沿いの城下町、梅田へのアクセス、大学などの文化機関が近隣にあり、

後退しない街であるといえます。

 

・・・そんなことは皆さんわかっていて「人気の北摂」であります。

そうすると値段もほどほどするので、資金計画が難しいいんですよね。

さあ、頑張ろう。