木の家blog

2013/2/25 平屋住宅 中古一戸建ての選択肢【平屋のはなし】

キノマチ不動産では、小さな平屋暮らしを提唱しています。

土地の安い地域でそれなりの広さの土地を手に入れて、小さな平屋で暮らす。

 

それは、今後若者の多くは単独世帯か夫婦二人、もしくは子ども一人の多くて1世帯3人というのが定着しつつあるからです。

また、団塊の世代より上の世代も子供が巣立ち夫婦二人だけというのも多いでしょう。

こういう人たちに2階はいらないのです。1階部分の40㎡で暮らしていたりするのです。

 

今まで平屋の新築ばかり考えていましたが、先日の引渡しもあって平屋の中古は中々潜在力が高いと気づきました。

まず、戦後20年程度の物件は駅が近かったりしますし、

結構土地に余裕(庭がある)があったりします。

地域によりますが、駐車場がないような路地奥が多いという側面も見えてきます。

 

先日物件調査等々で平屋の物件を4件ほど見ました。

そして確信しました。「どれも欲しい」と。

下記写真の物件しかお見せできませんが(こちらは販売しています)、

どれもこれも魅力満載でした。

販売中です。詳しくはお問い合わせ下さい。

例えばこれを改修して、上記の人たちに対して売れるか。・・・売れるでしょう。

平屋専門の買取再販、しようかな。店舗向けもイイですね。

というわけで、まずは関西一円の平屋住宅募集しています。