木の家blog

2012/12/12 宅地建物取引主任者賠償保険に加入しました

不動産取引の保険である宅地建物取引主任者賠償保険に加入しました。

これは、仮に私が不動産取引にあたってミスをしたり、重要な事項について調査不足であったりし、

そのことにより不動産取引の当事者(つまりお客様)が損害を生じた場合に、最大5000万円保証を受けられるという保険です。

元々宅建業を開業する際に、保証協会に供託しており、弊社が倒産しても1000万円までお客様は保証されるので、

さらに強化したものです。

弊社の宅建業の番号は(1)で、私も開業したばかりではあるので、

株式会社とはいえお客様は取引が無事大丈夫なのか?と不安になることもあると思い、

また、自分自身も人である以上調査に全くミスがないとはいえないため

(普通は仲介だとダブルチェックになるのでどちらかが気づきます、ご安心を)

加入を決断しました。

逆に言うと、何らかの事態で保障問題に発生した場合、これに加入している中小零細業者と、

加入していない大手業者だと、加入している中小業者の方がきちんと対応出来るとも思います。

聞いた話では、担当者が簡単に入れ替わる為「知らぬ存じぬ」で逃げられるケースも多々あると・・・。

・・・中小業者はひとつ引っかかるとほぼ即死ですので、ある意味真剣です。

大手だから安心!中小だから怪しい!?の垣根が少しでもなくなるこの保険に感謝?です(笑)

安心してキノマチ不動産にご依頼下さいませ。